ナツトウダイ


群馬県 2014.5.8 画像をクリック

群馬県 2014.5.8 画像をクリック
       ナツトウダイ
トウダイグサ科トウダイグサ属
Euphorbia sieboldiana

丘陵地〜山地の林床などに生える
高さ20〜40cmの多年草。
葉は互生、長さ3〜6cmの倒披針形
〜長楕円形で全縁.
茎頂に葉を輪生し、葉腋から5個の
枝を出し、先に杯状花序をつける。
苞葉は三角状卵形. 花序の腺体は
三日月形で、先は鋭く尖る
子房の表面・果実(刮ハ)の表面とも
毛や突起は全く無く平滑。
ナツトウダイ(夏灯台)の名はつくが、
花期は4〜5月と早春である。
沢沿いの急斜面に群生していた。


     群馬県 2014.5.8 画像をクリック

    群馬県 2014.5.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ