ナヨテンマ


千葉県 2006.6.28 画像をクリック

千葉県 2006.6.28

千葉県 2006.6.28

千葉県 2012.6.30 画像をクリック

千葉県 2012.6.30 画像をクリック
        ナヨテンマ
ラン科オニノヤガラ属
Gastrodia gracilis

千葉県以西の本州及び九州に分布
林下の腐葉が堆積する場所に稀に生える
高さ10〜60cmの腐生植物。
地下に鱗片跡のある塊茎があり、上の節
から花後にストロンを放射状に出す。
6〜7月、花茎の上部に淡黄褐色の花を5
〜10花、ときに約20花つける。
「落ち葉のなかの妖精たち」と命名者の津
山博士は表現している。
和名はオニノヤガラに比べ、なよなよした
テンマの意とされる。
千葉県はスギ、ヒノキなどが混生するやや
暗い林床に9株自生していた。
現存する産地はごく限られており、出合う
機会は極めて少ない
この貴重な植物が、千葉から消えないこと
を願いつつ、自生地は後にした。
僅かな手がかりを頼りに発見した千葉の
Mさん、 情報を下さった東京のTさんには
記して感謝の意を表したい。


   千葉県 2006.6.28 画像をクリック

       千葉県 2006.6.28

    千葉県 2006.6.28 画像をクリック

    千葉県 2012.6.30 画像をクリック

    千葉県 2012.6.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ