ニッコウネコノメ


長野県北佐久郡 2006.5.14
        ニッコウネコノメ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium macrostemon var. shiobarense

別名:ニッコウネコノメソウ
中部〜東北地方の太平洋側に分布
山地の沢沿いのやや暗い水湿地に生える
高さ10〜30cmの多年草。
萼裂片は花時にほぼ平開し、裂開直前の
葯は暗紫色。
花後は長さ30cmほどの走出枝をだす。
本種はふつう花時に根生葉がない。
母種のイワボタン、ヨゴレネコノメに似てい
るので区別はやや難しい。
各地でふつうに観察できる。


   福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ