ニオイタデ


栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック

群馬県 2014.10.1 画像をクリック
       ニオイタデ
タデ科イヌタデ属
Persicaria viscosa

東アジア原産の帰化植物
水路や休耕田などにやや稀に生える
高さ80〜150cmの1年草。
茎には白色の長毛と短い腺毛があり、
葉にも伏毛が密生する。
葉は長披針形〜広披針形で、基部は
楔形、先は尖り、縁は波打つ。
7〜10月、 枝先の花序に淡紅色〜濃
紅色の小さな花を密につける。
帰化、在来の2説あるが、現時点での
由来は極めて困難である。
茨城県版のRDBは危急種として評価、
在来と見ているのかも知れない。
広大な遊水地でも中々、出合えない。


   栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27

   群馬県館林市 2011.10.4  画像をクリック

    群馬県 2014.10.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ