ニッコウヒョウタンボク


群馬県 2003.6.5 画像をクリック

群馬県 2003.6.5 画像をクリック
       ニッコウヒョウタンボク
スイカズラ科スイカズラ属
Lonicera mochidzukiana

関東地方〜近畿地方北部分布
山地の林縁や尾根などにやや稀に生える
高さ1〜2mの落葉低木。
葉は対生、葉身は長さは3.5〜10.5cm、幅
1.5〜6cmの卵形〜披針形で先は尖る。
5〜6月、葉腋から花柄をだし、はじめ白色、
後に淡黄色の花を2個づつをつける。
埼玉県境の石灰岩地帯に自生していた。


     群馬県 2003.6.5 画像をクリック

            (裏は横位置)
    群馬県 2003.6.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ