ニワウルシ


群馬県 2014.6.11 画像をクリック

群馬県 2014.6.12 画像をクリック
      ニワウルシ
ニガキ科ニワウルシ属
Ailanthus altissima

中国原産で. 明治時代初期、街路
樹や養蚕用に渡来した。
河原や林縁などにふつうに生える
高さ20〜25mの落葉高木。
樹皮は灰色で滑らか. シワ状の皮
目があり、縦の割れ目がある。
葉は長さ40〜90cmの奇数羽状複
葉で、小葉は6〜16対。
6月、 枝先に数個の円錐花序をだ
し、黄緑色の花を多数つける。
群馬県内全域で野生化.生態系に
影響を及ぼしている。


    馬県 2014.6.12 画像をクリック

   群馬県 2014.6.12 画像をクリック

トップページへ  前ページへ