ノコンギク


長野県上伊那郡 2005.10.9

長野県上伊那郡 2006.10.11

長野県北佐久郡 2007.10.18 画像をクリック
       ノコンギク
キク科シオン属
Aster ageratoides var. ovatus

山地や路傍、田のあぜなどで、ふつうに
見られる高さ50〜100cmの多年草。
地下茎を伸ばして増える。
茎はよく分枝し、短毛が密生する。
葉も両面に短毛が生え、触るとざらつく。
根生葉は卵状長楕円形。
花茎の根生葉は花期には枯れる。
茎葉は卵状長楕円形〜長楕円形で3脈
が目立ち、縁には大きな鋸歯がある。
頭花は直径約2.5cm、舌状花は淡青紫
色で1列に並ぶ。
総苞は半球形、総苞片は緑色で先端は
紫色を帯び、3列に並ぶ。
ノコンギクは筒状花にも舌状花にも長い
冠毛がある。


    長野県上伊那郡 2005.10.9

     群馬県甘楽郡 2006.10.18

  長野県北佐久郡 2007.10.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ