オオアキギリ


新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

新潟県柏崎市 2008.9.25
        オオアキギリ
シソ科アキギリ属
Salvia glabrescens f. robusta

北陸、長野、福島の一部に分布
山地の木陰や林縁などにやや稀に生える
高さ30〜80cmの多年草。
全体に大型、葉は幅広く、やや丸みを帯び、
ふつう先端は尖る。
葉の鋸歯が不揃いな点、幅が広いことなど
で、アキギリとは区別している。
8〜10月、 枝先に紫色(まれに淡紫色や黄
色)の唇形花を多数つける。
頚城地方(新潟県)に多いことからクビキア
キギリの裸名もあるようだ。
柏崎市在住のYさんに案内していただいた
が、初めて見る花色に感激する。


   新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

      新潟県柏崎市 2008.9.25

    新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ