オオバスギカズラ


(果実) 山口県下関市 2005.11.13
         オオバスギカズラ
ユリ科クサスギカズラ属
Asparagus rigidulus

本州、九州(日本海側)に分布
海岸の岩場や砂礫地などに生える
草丈50〜100cmの多年草。
下部の茎は木質化し、上部はつる
状に長く伸びる。
葉は刺状になり、長さ1〜2cmの線
形で、3稜がある。
5〜6月、葉腋に淡黄色の小さな花
を1〜7個ずつつける。
花や果柄の直ぐ下に関節がある。
果実は球形で赤く熟す。

トップページへ  前ページへ