オオバショウマ


群馬県多野山地 2006.9.4
          オオバショウマ
キンポウゲ科サラシナショウマ属 
Cimicifuga acerina

山地〜亜高山帯の林内などに生える
高さ50〜100cmの多年草。
葉は1回3出複葉、小葉は円心形で
5〜9裂し、縁に鋸歯がある。
8〜9月、茎の上部に穂状花序をだし、
白色の小さな花を多数つける。
本種には花柄がないので、柄のある
サラシナショウマとは区別できる。
妙義山や荒船山には多い。
よく似たイヌショウマは2回3出複葉。


     群馬県多野山地 2006.9.4

トップページへ  前ページへ