オオハマボウ


沖縄県(本島) 2007.3.18
         オオハマボウ
アオイ科フユウ属
Hibiscus tiliaceus

種子島以南、沖縄、小笠原に分布。
海岸の砂地等に生える高さ4〜6mの
常緑性小高木。
葉は互生、長さ幅とも8〜15cmの円
心形、基部は深く湾入する。
ふちは全縁またはごく小さな波状の
鋸歯が見られる。
6〜8月、枝先の葉腋に直径約10cm
の黄色の花をつける。
北部の砂浜で、クサトベラやシャリン
バイなどと共に開花ていた。


      沖縄県(本島) 2007.3.18

トップページへ  前ページへ