オヒルギ


(果実)
沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

(果実)
沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       オヒルギ
ヒルギ科オヒルギ属
Bruguiera gymnorrhiza

別名:アカバナヒルギ
奄美大島以南、沖縄県に分布
海岸や河口の湿地、泥地に生える
高さ8〜25mの常緑高木。
樹皮は灰褐色、 縦の皮目がある。
葉は対生、葉身は長さ6〜12cmの
長楕円形で先は尖る。
5〜6月、葉腋に直径約3cmの花が
1個つき、下向きに咲く。
赤い萼は肉質でよく目立ち、萼筒
は長さ3〜3.5cm。
果実は長さ約3cm、卵形〜円錐形、
種子は樹上で発芽する。
ミミモチシダを写した湿地にイボタ
クサギなどと散生していた。


             (果実)
  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

              (果実)
    沖縄県(西表島) 2008.12.14

トップページへ  前ページへ