オオイタドリ


長野県白馬山麓 2006.9.5
        

オオイタドリ
タデ科イタドリ属 
Reynoutria sachalinensis

中部地方以北、北海道に分布。
低山〜 亜高山の礫地や林縁などに
生える高1〜3mの多年草。
葉は卵形、基部はハート形、裏面は
灰白色を帯びる。
7〜9月、白色の花を密につける。
よく似たイタドリは葉の基部が切形
なので区別できる。
日本海要素の植物であるが、 近年
は太平洋側の林縁や河川などにも
国内帰化している。
太平洋要素の下仁田でも見られる。

トップページへ  前ページへ