オオカモメヅル


茨城県 2008.7.2 画像をクリック
        オオカモメヅル
ガガイモ科オオカモメヅル属
Tylophora aristolochioides

丘陵や山地の林内や林床に生える
つる性の多年草。
葉は長さ 7〜12cmの三角状広披針
形で、基部は心形に張りだす。
7〜9月、葉腋から花序を出し、暗紫
色の小さな花をつける。
花冠は5深裂し、 裂片の内面に細く
て白い綿毛がある。
ヒナランを観察しての帰り道、 急峻
な山道に咲いているのを写した。


        茨城県 2008.7.2

トップページへ  前ページへ