オオコガネネコノメ


長野県佐久市 2006.4.30 画像をクリック

長野県佐久市 2006.5.9 画像クリック

長野県佐久市 2006.5.9 画像クリック
       オオコガネネコノメソウ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium pilosum var. fulvum

別名:オオコガネネコノメソウ
関東地方以西、四国、九州に分布
山地谷沿いの陰湿地などに群生する
高さ5〜15cmの多年草。
根生葉は花時には枯れて無く、走出
枝は長く伸び、白軟毛が密生する。
葉は扇円形の大型で、 9〜17個のま
るい鋸歯が目立つ。
鋸歯の数は重要なポイントではない。
萼裂片は鮮黄色、四角状で直立、雄
しべは8個、葯は鮮黄色。
群馬県南西部で標高800m以上の地
域は殆んど本種である。
2013年発刊のレッドデータブック東京
/本土部
に筆者の写真が掲載


    群馬県多野山地 2006.5.8 画像クリック

    群馬県甘楽郡 2012.5.5 画像をクリック

    群馬県甘楽郡 2012.5.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ