オキナワハグマ


沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

沖縄県 2014.12.14 画像をクリック
       オキナワハグマ
キク科モミジハグマ属
Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis

別名:マルバハグマ/オキナワテイショウソウ
奄美大島及び沖縄県に分布
山地の照葉樹林や林縁などに生える
高さ30〜70cmの多年草。
葉は長さ6〜13cm、幅5〜7cmの卵形、
先は尖り基部は切形〜浅心形。
12〜2月、総状または複総状に白色の
頭花を多数つける。
和名は諸説あるが、 日本の野生植物
V(平凡社刊)に従った。
随所で観察したが、 腰を据えて撮影し
なかったことを反省する。


   沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

   沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ