オキナワスミレ


沖縄県(本島) 2007.3.17 画像をクリック

沖縄県(本島) 2007.3.17
          オキナワスミレ
スミレ科ウラジロスミレ類
Viola utchinensis

沖縄県(本島中部)のみに分布
海岸沿いの断崖(石灰岩)に稀に生える
草丈5〜10cmの中形のスミレ。
葉は長さ2〜3cm、心形で表面は光沢が
強く、裏面は淡緑色。
花柱や果実の形、地上茎を這わせて新
株をつくることから珍しいウラジロスミレ
類に属すると記載されている。
日本でウラジロスミレ類に属するのはオ
リヅルスミレと本種のみである。
2〜4月、淡紫色〜白色の花をつける。
産地は少なく、中々出合えない
環境省RDBの評価は シマジリスミレ
様、絶滅危惧TB類である。
「沖縄本島の植物」に精通している方の
案内で、撮影できた。
ここに記して感謝の意を表したい。


       オキナワスミレの花

    沖縄県(本島) 2007.3.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ