オクヤマシダ


群馬県尼ヶ禿山 2003.6.18
          オクヤマシダ
オシダ科オシダ属
Dryopteris amurensis

長野県以北、北海道に分布。
亜高山帯の林下などにやや稀に生える
長さ30〜40cmの夏緑性シダ。
根茎は横走し、葉を接近してつく。
葉身は最下羽片が特に大きく、五角状
広卵形、羽状に深裂〜全裂する
胞子嚢群は裂片の中肋と辺縁の中間
につき、小型、包膜は小さい。
シラネワラビによく似ているが、 本種は
小羽軸裏面に袋状小さな鱗片がある。
シラネワラビに袋状の鱗片はない。
玉原湿原を望む尼ヶ禿山で撮影した。


     群馬県尼ヶ禿山 2003.6.18

トップページへ  前ページへ