オニヒカゲワラビ


群馬県高崎市 2007.12.25 画像をクリック

群馬県高崎市 2007.12.25

群馬県藤岡市 2011.1.8 画像をクリック
       オニヒカゲワラビ
イワデンダ科ヘラシダ属
Diplazium nipponicum

本州、四国、九州に分布
丘陵地〜山地のやや陰湿な林床に生える
長さ80〜150cmの常緑性シダ。
根茎は太く、横走し、葉はまとまってつく。
葉は広卵状三角形で、2回羽状複生〜3回
羽状深裂する。
胞子嚢群は線形、小羽片の中肋寄りにつ
き、包膜は薄い膜質、辺縁は細裂する。
ふつう常緑性であるが、北方では枯れる。
戦国時代の城址に点在していた。


    群馬県群馬郡 2005.12.4 画像をクリック

    群馬県藤岡市 2011.1.8 画像をクリック

   群馬県藤岡市 2014.1.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ