オニヒョウタンボク


長野県 2006.5.11 画像をクリック

長野県 2006.5.18
 画像をクリック

長野県 2006.5.18 画像をクリック

長野県 2016.5.16 画像をクリック

長野県 2016.5.16 画像をクリック
       オニヒョウタンボク
スイカズラ科スイカズラ属
Lonicera vidalii

群馬・長野・広島・隠岐島に分布
山地のやや湿り気のあるところに生える
高さ3〜5mの落葉小高木。
樹皮は灰褐色で縦に裂け剥がれ落ちる。
葉は対生、 2〜5cmの卵形〜長楕円形、
先は短く尖り、基部は円形〜楔形。
5〜6月、 若い枝の葉腋から花柄を伸ば
し、淡黄色の花を2個ずつつける。
一部の地域に限られる珍しい種類とされ
るが、佐久地方には多い。
5月中旬.沢沿いを散策すると随所でオニ
ヒョウタンボクを観察できる。


                (果実) 
       長野県 2007.7.23

     長野県北佐久郡 2002.5.7

    長野県 2016.5.7 画像をクリック

   長野県 2016.5.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ