オオナワシログミ


群馬県 2016.12.26 画像をクリック

(果実)
群馬県 2017.2.14 画像をクリック

(果実)
群馬県 2017.2.14 画像をクリック

群馬県 2017.2.10 画像をクリック
       オオナワシログミ
グミ科グミ属
Elaeagnus × submacrophylla

マルバグミ×ナワシログミの雑種
海岸や沿海地の崖などに稀に生える
高さ2~4mの常緑低木。
葉は長さ4.5~13cm. 幅2.5~6.5cmの
広卵形で先は尖る。
葉の表面は光沢があり深緑色. 両種
の毛が混在、裏面は銀白色、
枝先は刺にならず葉腋に刺も無い。
10~12月. 葉腋に淡黄色の小さな花
を1〜3個垂れ下がってつける。
果実(偽果)は長さが1.5~2.3cmの長
楕円形で.3~4月.赤く熟す。
周辺に母種のマルバグミ.ナワシログ
ミは全く見当たらなかった。
オオナワシログミ自体が植栽.逸出し
た可能性をご指摘いただいた。


   群馬県 2016.12.26 画像をクリック

             (果実)
   群馬県 2017.2.14 画像をクリック

   群馬県 2017.2.10 画像をクリック

   群馬県 2017.2.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ