レンギョウエビネ


沖縄県(本島) 2007.3.18

沖縄県(本島) 2007.3.18 画像をクリック

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
       レンギョウエビネ
ラン科エビネ属
Calanthe lyroglossa

別名:スズフリエビネ
鹿児島県南部〜沖縄県に分布
原生林のやや暗い林床などに稀に生える
高さ40〜60cmの常緑の多年草。
細い偽鱗茎が並立し、数枚の葉をつける。
葉は長さ20〜60cm、縦じわがある。
3〜5月、新偽鱗茎の側方から花茎を出し、
鮮黄色の花を穂状につける。
和名は花をモクセイ科のレンギョウにたと
えたことに由来する。
はじめて見るこの珍しいランに夢中でシャ
ッターを切った。


      沖縄県(本島) 2007.3.18

      沖縄県(本島) 2007.3.18

   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ