リュウキュウツワブキ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        リュウキュウツワブキ
キク科ツワブキ属
Farfugium japonicum var. luchuense

奄美大島・沖縄本島・西表島に分布
渓流沿いの岩場などにやや稀に生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉身は扇形〜菱形で、葉の縁は波打ち
基部はやや楔形で先は尖る。
12〜1月、太い花茎を伸ばし、鮮黄色の
頭花を散房状に多数つける。
母種のツワブキは海岸沿いに生えるが、
本種は渓流沿いに生じる。
渓流に沿って登って行くとヤエヤマスミ
の近くで、咲きはじめていた。


    沖縄県(西表島) 2008.12.14

  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ