サイジョウコウホネ


佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

佐賀県 2013.6.1 画像をクリック
        サイジョウコウホネ
Nuphar japonicum var. saijoense
スイレン科コウホネ属

中国地方〜九州南西部に分布
浅い池沼や水路などにやや稀に生える
多年生の水草。
葉は2形あり、水中の葉(沈水葉)は細長
く、膜質をしている。
水上の葉(抽水葉)は長さ20〜30cm、幅
10〜15cmの卵形〜長卵形。
5〜10月、円柱形の花柄を出し、萼片が
黄色で柱頭盤が赤い花をつける。
和名は最初の発見地、広島県西条に因
み、地下茎を骨に見立た事に由来。
道路沿いの溜池で咲いていたが、アブラ
ムシが沢山ついていた。


    佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

     佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ