サンインネコノメ


滋賀県 2008.4.26 画像をクリック
       サンインネコノメ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium fauriae f. ferruginiflorum

滋賀〜島根の日本海側に分布
山地の林内や湿り気のある所に生える
高さ5〜15cmの多年草。
葉はないか1対の葉を対生、 根出葉は
花時まで残っており、円形で緑色。
ふちには10対ほどの鈍鋸歯がある。
苞葉は淡黄色、 雄蕊は8個で、葯は濃
橙色、後に暗紅紫色。
ホクリクネコノメの1品種、 萼裂片が薄
茶色である点で区別できる。
Yasukoさんとの最後の花旅で観察した
感慨深い植物のひとつである。


    滋賀県 2008.4.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ