サルマメ


長野県小県郡 2004.5.22 画像をクリック
       サルマメ
ユリ科シオデ属
Smilax biflora var. trinervula

関東地方〜中部地方に分布
山地の草地や林縁などに生える
雌雄異株の落葉小低木。
葉は長さ2〜5cm、幅1.5〜2.5cm
の楕円形で鋸歯はない。。
5月、葉腋から花柄を出し、 淡黄
緑色の地味な花をつける。
サルトリイバラに似ているが、枝
に刺はほとんどない。
9〜11月、 葉腋に赤い球形の果
実を数個つける。
霧ヶ峰や浅間周辺で観察できる。


   長野県小県郡 2004.5.22 画像をクリック

トップページへ  前ページへ