セフリイノモトソウ


群馬県甘楽郡 2005.12.15 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2005.12.15

群馬県藤岡市 2012.12.28 画像をクリック

(左の個体)
群馬県藤岡市 2014.1.2 画像をクリック

(注目/3番目の羽片まで翼)
群馬県冨岡市 2014.1.10 画像をクリック

(胞子葉)
群馬県高崎市 2015.1.4 画像をクリック

群馬県高崎市 2015.3.1 画像をクリック

群馬県高崎市 2015.3.5 画像をクリック
       セフリイノモトソウ
イノモトソウ科イノモトソウ属
Pteris×sefuricola

イノモトソウと×オオバイノモトソウの雑種
1977年、倉田悟・筒井貞雄両氏が 「シダ
の会会報」第2巻30号で命名・発表した。
関東地方以西、四国、九州に分布
低地の樹林・石垣などにやや稀に生える
長さ20〜40cmの常緑性シダ。
形態的には両種の中間だが、どちらかと
いうとオオバイノモトソウに似ている。
葉質はやや薄い。
オオバノイノモトソウに似るが、雑種の特
徴は2番目の羽片まで翼ができる。
イノモトソウ は葉の中軸に明瞭な翼があ
るので、容易に区別できる。
和名は発見地の福岡県早良郡早良町の
背振山系に由来する。
両種の混生する場所で時々見られる。


     群馬県甘楽郡 2005.12.15

    群馬県甘楽郡 2010.1.5 画像をクリック

   群馬県藤岡市 2012.12.28 画像をクリック

    群馬県藤岡市 2014.1.2 画像をクリック

              (胞子葉)
    群馬県高崎市 2015.1.4 画像をクリック

             (栄養葉)
    群馬県高崎市 2015.1.4 画像をクリック

    群馬県高崎市 2015.3.1 画像をクリック

               (胞子嚢群)
    群馬県高崎市 2015.3.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ