セイヨウミミナグサ


山梨県南巨摩郡 2007.4.13
        セイヨウミミナグサ
ナデシコ科ミミナグサ属
Cerastium arvense

ヨーロッパ原産の帰化植物
河川敷や路傍などにやや稀に生える
高さ30〜50cmの多年草。
茎は株状となり、 花柄は果嚢の4倍
長、茎、葉、花弁、雄蕊は無毛。
葉は線形〜披針形、対生で茎を抱く。
4〜8月、茎頂に花序を出し白色の小
さな花を1個つける。
花弁は5枚であるが、2深裂するため
10枚あるように見える。
在来種のミミナグサは全体に短毛が
密生、花弁は2浅裂する。
本種は神植誌に記載されている。


   山梨県南巨摩郡 2007.4.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ