センリゴマ


静岡県 2005.4.28 画像をクリック

静岡県 2005.4.28 画像をクリック
        センリゴマ
ゴマノハグサ科ジオウ属
Rehmannia japonica

別名:ハナジオウ
民家の石垣や小石混じりの畑の隅などに
稀に生える高さ15〜50cm多年草。
中国原産といわれているが、現在のところ
野生化状態は静岡県の僅か1ヶ所
葉は茎の下部にやや集まるほか、茎上に
互生してつく。
茎の基部の葉は柄があり、葉身は卵状楕
円形、脈はくぼみ、縁には鋸歯がある。
花冠は紅紫色、直径5〜6cmと大きい。
深夜0時40分に自宅を出発、 東京の友人
Tさん、Yさんと愛知県のとある駅で待合せ、
センリゴマ、トウサワトラノオ、タチキランソ
などを撮影する。
九州に遠征するTさんとは静岡のある駅で
別れ、Yさんと信州のスワスミレ、カワギシ
スミレなどを見て19時40分、帰宅する。
2011年9月26日の朝日新聞(科学)に絶滅
危惧植物を救えの記事が載っていた。

記事に寄れば静岡県の山あいに100株以
上あるが、種子はできない。

調べると.同じクローンばかりだった。中国
からもたらされた園芸種と考えられている
が、中国では見つかっていない。

このため一つのクローンでも、 守っていく
価値は高そうだ。と結んでいる。



        静岡県 2005.4.28

        静岡県 2005.4.28

トップページへ  前ページへ