シマキクシノブ


沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
       シマキクシノブ
シノブ科キクシノブ属
Pachypleuria vestita

奄美大島以南〜沖縄県に分布
渓流沿いの岩上や樹幹に着生する
高さ10〜20cmの常緑性シダ。
根茎は長く匍匐、疎らに分岐、褐色
〜濃い褐色の麟片を密につける。
葉身は三角状長楕円形、2〜3回羽
状深裂、最下羽片が最も大きい。
胞子嚢群は小さく. 裂片の辺縁につ
き、包膜は円形で径1mm未満。
渓流沿いの最深部で、リュウキュウ
ホラゴケなどと.生育していた。


   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

トップページへ  前ページ