シマタキミシダ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       シマタキミシダ
シシラン科タキミシダ属
Anthrophyum formosanum

奄美大島以南、沖縄県に分布
常緑樹林の渓流沿いの岩上や樹幹
に稀に生える常緑性シダ。
根茎は短く匍匐または斜上し、鱗片
は披針形〜線形 、尾状に伸びる先
端に向けて次第に狭くなる
側糸は線状で、 葉柄は殆どないか、
あってもごく短い。
葉身は長さ10〜30cm、 倒披針形で、
下部を除いて中肋がある。
胞子嚢群(ソーラス)は浅い溝に生じ、
葉脈に沿って網目になる。
この岩壁は植物写真家の永田芳男
さんが写した場所と思われる。
2008年、最後のアップ(2008種目)に
この珍しい植物を選んだ。
(環境省RDL:絶滅危惧TA類)


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

     (後方の丸い葉はゼニゴケシダ:後日アップ)
  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ