シモダカナワラビ


静岡県 2007.12.10
         シモダカナワラビ
オシダ科カナワラビ属
Arachniodes ×sasamotoi

ホソバカナワラビ×オニカナワラビ
両親の混生する林内などに稀に生える
常緑性シダ。
1968年、倉田悟博士が 「北陸の植物」
第16巻4号で命名。
和名は下田市連台寺で、 最初に発見
されたことに由来する。
シダに精通している友人に教えていた
だいたが、筆者には同定出来ない



   静岡県 2007.12.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ