シナノコナデシコ


長野県佐久市 2005.7.28 画像をクリック

長野県諏訪郡 2007.9.9 画像をクリック

長野県諏訪郡 2007.9.9 画像をクリック

長野県 2009.9.1 画像をクリック

長野県 2017.8.27 画像をクリック
      シナノコナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属
Dianthus shinanensis

別名:ミヤマナデシコ
中部地方の山地や河原・礫地などに生える
高さ20〜40cmの多年草。
茎は四角状で節部がふくれる。
葉は対生し、広線形で基部は茎を抱き、赤
みを帯びる。
茎頂に紅紫色の花を多数つける。
軽井沢の別荘にお住まいのMさんを誘って
シナノナデシコの調査を行った。
8年ぶりに訪れた自生地は自然遷移によっ
て、個体数は大幅に減少していた。
川沿いの岩場で僅かに生き延びていたが、
絶滅寸前である。 2005.7.28記
南アルプスは随所で群落が見られる。


   長野県佐久市 2005.7.28 画像をクリック

     長野県佐久市 1997.8.3

     長野県佐久市 1997.8.3

    長野県佐久市 2005.7.28 画像をクリック

     長野県 2009.9.1 画像をクリック

   長野県 2017.8.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ