シナノオトギリ


長野県八ヶ岳 2005.7.24
         シナノオトギリ
オトギリソウ科オトギリソウ属
Hypericum kamtschaticum var. senanense

別名ミヤマオトギリ
東北地方南部、関東地方北部、中部地方に
分布する日本固有種。
亜高山帯〜高山帯の林縁や砂礫地などに
生える高さ10〜30cmの多年草。
花は直径1.5cm〜2cmと大きく、葉の縁には
黒点、裏面には明点がある。
黒点や黒腺は萼片の全面にある。
よく似たイワオトギリは葉全体に黒点が散ら
ばり、明点は殆んど見えない。


     長野県八ヶ岳 2005.7.24

トップページへ  前ページへ