シンテンウラボシ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        シンテンウラボシ
ウラボシ科イワヒトデ属
Colysis shintenensis

静岡・和歌山・九州南部・沖縄に分布
山地林下の地上または岩上に生える
長さ25〜50cmの常緑性シダ。
葉はまばら、葉柄は長さ10〜30cmで、
基部に鱗片がある。
葉身は単葉〜下部に披針形の裂片が
突き出るものまで変異がある。
胞子嚢群は主脈の間に1裂線状に伸
び、突き出る裂片につく。
和名は台湾(台北近郊)の新店で発見
されたことに由来する。
ミツデヘラシダとしていたが、 胞子嚢
群の形から本種と判断した。
西表島のジャングルで観察する。


   沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ