シライワシャジン


長野県南アルプス 2006.8.25 画像をクリック

長野県南アルプス 2008.9.1 画像をクリック

長野県 2012.9.3 画像をクリック

長野県 2012.9.3 画像をクリック
       シライワシャジン
キキョウ科ツリガネニンジン属
Adenophora nikoensis var. teramotoi

南アルプスの石灰岩の岩場などに生える
高さ10〜40cmの多年草。
花柱の先端が花冠から長く突きでて、花
序が広がる点でヒメシャジンと異なる。
茎は下垂または斜上する。
葉は、線形〜狭披針形で互生する。
8〜9月、茎の先端と上部の葉腋に集散
花序をつけ、青紫色の花をつける。
白岩にはシライワコゴメグサ、カワラウス
ユキソウなどの固有種が多い。


  長野県南アルプス 2006.8.25 画像をクリック

   長野県南アルプス 2008.9.1 画像をクリック

     長野県 2012.9.3 画像をクリック

    長野県 2012.9.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ