シラキ


群馬県 2016.6.8 画像をクリック

群馬県 2016.6.8 画像をクリック
        シラキ
トウダイグサ科シラキ属
Sapium japonicum

雌雄同株
山地の広葉樹林内・渓流沿いに生える
高さ4〜6mの落葉小高木。
葉は長さ7〜17cm、幅6〜11cmの卵状
楕円形でやや光沢があり先は尖る。
5〜6月, 新年度の枝先に総状花序をだ
し、黄色の花を多数つける。
この植物の和名を知ったのは塩尻市の
「レッドデータブック」である。
その後、I夫妻に教示いただき、群馬県
中央部の林縁で撮影できた。


    群馬県 2016.6.8 画像をクリック

    群馬県 2016.6.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ