シロバナグンナイフロ


群馬県高峰高原 2005.7.16
         シロバナグンナイフロ
フウロソウ科フウロソウ属
Ceranium eriostemon var. reinii f. alba

中部地方以北の草地に生える高さ30〜
50cmの多年草。
茎や葉柄、花柄に開出毛と腺毛がある。
茎葉は互生し、最上部では対生する。
根生葉は多数ある。
葉は掌状は5〜7裂し、裂片はさらに浅
裂し、鋸歯がある。
両面に開出毛があり、裏面には腺毛も
まじる。
高峰高原は林道沿いに多い。
白花は1967年に横内斎氏が長野県
菅平高原でで発見した。

トップページへ  前ページへ