シロバナヒガンバナ


群馬県富岡市 2003.10.3
       シロバナヒガンバナ
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
Lycoris radiata f. alba

別名:ギントウカ
田のあぜ、道ばた、土手などに生える
高さ30〜50cmの多年草。
葉のある時期に花は咲かず、開花期
に葉は全くない。
9〜10月、 花茎の先端に白色の清楚
な花を散形状につける。
有史以前、中国から渡来の史前帰化
植物とされている。
日本のものは殆ど結実せず、種子が
できても発芽しないと聞く。
鱗茎はアルカロイドを含み猛毒。


   群馬県富岡市 2009.9.21 画像をクリック

トップページへ  前ページへ