シロバナイヌタデ


(紅色はふつうのイヌタデ)
長野県南佐久郡 2005.9.26
          シロバナイヌタデ
タデ科イヌタデ属
Persicaria longiseta f. albiflorum

道ばた・畑・田のあぜなど稀に生える
高さ20〜50cmの多年草。
葉は互生し、長さ3〜8cmの広披針形
〜披針形で先は尖る。
紅色のイヌタデは日本全土でふつう
に見られるが、白色は稀である。
小海線の線路際に群生していた。
八千穂村誌を執筆した長野県植物研
究会TIさんの同定による。


     長野県南佐久郡 2005.9.26

トップページへ  前ページへ