シロバナキンラン


東京都 2015.5.5 画像をクリック

東京都 2015.5.5 画像をクリック

東京都 2015.5.5 画像をクリック

東京都 2015.5.5 画像をクリック
        シロバナキンラン
ラン科キンラン属
Cephalanthera fallcata f. albescens

丘陵地の疎林内などにごく稀に生える
高さ20〜30cmの多年草。
茎の基部に約5枚の鞘状の葉. 上部に
約5枚の普通葉が互生する。
4〜6月. 花茎の先に3〜12個の白色の
花をやや上向きにつける。
このランの撮影に千葉・埼玉・群馬・神
奈川から総勢6名が集結した。
「日本の野生ラン」 298種を撮影してい
る強者も参加する。
8花つけていたと思われるが、4個の花
は既に落花していた。
それでも.初めて観察した珍しい白花に
皆、満足した様子だった。
誘って下さったKさん、情報を提供して
頂いたお友達には記して感謝したい。


     東京都 2015.5.5 画像をクリック

     東京都 2015.5.5 画像をクリック

     東京都 2015.5.5 画像をクリック

     東京都 2015.5.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ