シロバナママコナ


長野県浅間山 2006.8.5

          シロバナママコナ
ゴマノハグサ科ママコナ属 
Melampyrum roseum var. japonicum f. leucanthum

山地の林縁や草地などに稀に生える高さ
20〜50cmの半寄生の1年草。
葉は長さ3〜15mmの柄があり、長卵形
で長さ2〜8cm、幅1〜3cm。
6〜9月、枝先に3〜10cmの花序をだし、
白色の花を数個つける。
花軸や萼には白毛がやや蜜につく。
苞は葉状で、鋸歯がある。
浅間山の登山道沿いで2株咲いていた。


      長野県浅間山 2006.8.5

トップページへ  前ページへ