シロバナマネキグサ


群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック

群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック

群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック
        シロバナマネキグサ
シソ科オドリコソウ属
Lamium ambiguum(学名はマネキグサ)

関東地方以西に分布
山地の林内や林縁などに稀に生える
高さ30〜60cmの多年草。
和名は花の形が手招きしているよう
なので、この名がつけられた。
多野山地は海抜700〜1500mのやや
湿った林内に群生している。
その大群落の中に、色の薄いマネキ
グサが数株開花していた。
シロバナマネキグサとしたが、ウスイ
ロマネキグサが適切かも知れない。


   群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック

   群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック

   群馬県多野山地 2005.8.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ