シロバナマツムシソウ


長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像をクリック

長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像をクリック

長野県 2016.8.29 画像をクリック

長野県 2016.8.29 画像をクリック

長野県 2017.9.10 画像をクリック
      シロバナマツムシソウ
マツムシソウ科マツムシソウ属
Scabiosa japonica f. albiflora

山地の草原などにやや稀に生える
高さ60〜100cmの2年草。
根生葉はロゼット状で越冬する。
根生葉、茎の下部、中部の葉は羽
状に深裂する。
羽片は根生葉は幅広く、上部の葉
では披針形になる。
7〜9月、頂茎に径約4cmで白色の
頭花を上向きにつける。
念願の純白に出合ったが、 日差し
が強く、白を表現できなかった。


   長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像をクリック

          (中央の個体が白花品)
    長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像をクリック

   長野県 2016.8.29 画像をクリック

   長野県 2016.8.29 画像をクリック

   長野県 2017.9.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ