シロバナナガバノイモチソウ


栃木県真岡市 2003.7.18 画像をクリック

栃木県真岡市 2003.7.18 画像をクリック

栃木県下都賀郡 2008.9.6 画像をクリック

栃木県栃木市 2010.8.26 画像をクリック

栃木県栃木市 2011.8.31 画像をクリック
        シロバナナガバノイシモチソウ
モウセンゴケ科モウセンゴケ属
Drosera makinoi

貧栄養の湿地などに極めて稀に生える
高さ7〜35cmの1年生の食虫植物。
葉の上面に長腺毛があり、先端から粘
液をだし、虫を捕らえる。
葉は長さ4〜7cm、幅1〜2mmの線形で、
先は細長く、糸状になる。
6〜10月、葉腋に白色の小さな5花弁を
疎らに3〜15個つける。
栃木県の2箇所で観察しているが、1箇
所はダムの水位が上がり、消滅した。
従来、ナガバノイシモチソウの1品種で、
学名:Drosera indica f. albifloraになって
いたが、基本種に格上げされる。
1930年、 栃木県上三川町の磯川湿地
で採集したサンプルを基に正宗厳敬博士
が、Drosera makinoと記載する。
その後の経緯は定かでないが、学名は
Drosera indicaとなってきた。
栃木県で新たに発見された白花品に
愛知教育大の渡辺幹男教授が関心を
示し調査・研究を重ねた結果、 赤花と
は別種と解明、植物誌で発表した。


   栃木県真岡市 2003.7.18 画像をクリック

     栃木県真岡市 2003.7.18

    栃木県下都賀郡 2008.9.6 画像をクリック

   栃木県栃木市 2010.8.26 画像をクリック

   栃木県栃木市 2011.8.31 画像をクリック

トップページへ  前ページへ