シロバナナンゴクヤマラッキョウ


鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック
       シロバナナンゴクヤマラッキョウ
ユリ科ネギ属
Allium austrokiushuense f. albiflora

ナンゴクヤマラッキョウの白花
山地の草地などに局所的に生える
高さ30〜50cmの多年草。
葉は長さ20〜50cm、 径1.5〜3mm
の中実で三角形の線形。
9〜11月、花茎の先に白色の清楚
な花を球状につける。
状来ヤマラッキョウとされてきたが、
葉が中実で雌しべの基部の蜜腺に
帽子状の覆い構造が発達しないこ
とから別種と発表された。
白花品に学名はつけられていない
が、敢てalbiflora を用いた。
草原の片隅でひっそり咲いていた。


   鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ