シロバナオオハクウンラン(仮称)


長野県 2004.8.1

長野県 2010.7.31 画像をクリック

長野県 2014.8.4 画像をクリック
        シロバナオオハクウンラン(仮称)
ラン科ハクウンラン属
Vexillabium fissum(学名はオオハクウンラン)

やや高地の明るい林床などに稀に生える
高さ5〜13cmの多年草。
7〜8月、細毛のある花茎の先に清楚な白
い花1〜6個つける。
8月はじめ、長野県東部を散策していると、
しばしばこの花を見ることができる。
植物写真家、永田芳男さんと車で移動中、
Vexillabiumの話題になった。
萼片や花茎が緑色の個体がある話をした
ところ、白花と教示いただいた。
変異内と思われるが、敢えてシロバナオ
オハクウンラン(仮称)とした。


         長野県 2004.8.1

    長野県 2010.8.2 画像をクリック

     長野県 2014.8.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ