シロバナサイハイラン


福島県 2008.6.8 画像をクリック

(競演) 福島県 2008.6.8 画像をクリック
        シロバナサイハイラン
ラン科サイハイラン属
Cremastra appendiculata (学名はサイハイラン)

北海道〜九州に広く分布
山地の林床や林縁などに稀に生える
高さ30〜50cmの多年草。
茎は地下に浅く連なる新しい偽鱗茎
から伸び、葉も同じ茎から出る。
葉は長さ25〜40cm、 幅4〜7cm、葉
柄部は数枚の鞘状葉で囲まれる。
5〜6月、 下向きに垂れたあまり開か
ない花が総状に多数咲く。
花は黄緑色〜紫色と変異が多い。
和名をシロバナサイハイランとしたが、
黄緑色の変異内かも知れない。
トケンランを撮影した近くで、2個体の
白花(黄緑色?)が咲誇っていた。


  (競演) 福島県 2008.6.8 画像をクリック

    埼玉県 2012.6.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ