シロバナシドキヤマアザミ


長野県 2014.9.6 画像をクリック

長野県 2014.9.6 画像をクリック

長野県 2015.9.3 画像をクリック
      シロバナシドキヤマアザミ
キク科アザミ属
Cirsium shidokimontanum f.alba mm(学名は筆者記)

シドキヤマアザミの白花品
山地の草原や湿地周辺などに生える
高さ100〜200cmの多年草。
葉は長楕円状披針形で、基部は茎を
抱き、歯牙縁か羽状に中裂する。
羽状に切れ込むものから切れ込まな
いタイプまで変異がある、
8〜10月、 茎の上部に無柄の頭花を
穂状に多数つける。
2014年9月6日、友人夫妻を案内した
際、幸運にも白花を発見した。
論文発表はしていないが、白花品を f.
alba
とする先例に倣って学名を記した。



    長野県 2014.9.6 画像をクリック

    長野県 2015.9.3 画像をクリック

    長野県 2015.9.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ