シロバナシナガワハギ


長野県埴科郡 2004.6.24
          シロバナシナガワハギ
マメ科シナガワハギ属
Melilotus alba

別名 コゴメハギ
中央アジア原産の帰化植物。
河川敷や道ばたなどにふつうに生える
高さ100〜150cmの1〜2年草。
全体に無毛、茎は堅く、よく分枝する。
葉は倒披針形の3葉からなる複葉、小
葉の縁には鋸歯があり、裏面に伏した
毛が密生する。
夏、葉腋に長さ10cmほどの花穂を出
し、白色の蝶形花を密につける。
長野県の千曲川には群生している。


     長野県埴科郡 2004.6.24

トップページへ  前ページへ